VIVA LA VIDA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな目で見ないでくれ。

P8160078.jpg

スポンサーサイト

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破

見てきた。

P6280085.jpg

本当に面白かった。
タイトルどおり、まさしく「破」だった。
「破」であるにもかかわらず、「ヱヴァ」の根幹はぶれない。
すげぇなぁ。

最後、シンジの格好よさに惚れてしまったよ。
もう一回ぐらい見に行こう。

二郎系ラーメン。

相模原にあるラーメン屋、「ラーメン金太郎」に行ってきた。

090612_1926~01

俺は豚入り小ラーメン(750円)を、嫁は少なめラーメン(500円)を頼む。
店内は広く、人がまばらだったので若干の不安。
武者震いをしながら待つこと数分。
奴が…現れた。

090612_1935~01

嗚呼…震える。
心身が、喜びと恐怖に。

ちなみに、カラメ、アブラ、等のコールはなし。
ニンニクは食券を渡したときに聞かれます。

090612_1936~01

いいね。この盛り具合。
麺が見えないぜ!
一口スープをすすった時の幸福感。
味はたしかに二郎に近いものがあった。(やはり本物には及ばない)
楽しみの豚は…
090612_1948~01

申し分のない厚さ!
しかし、ここで誤算が発生。
店員さんが間違えたらしく、嫁も豚入りになっていた。
肉が苦手な嫁の豚も、俺の丼に投入される。
嬉しかったが…後に苦しめられることになった。

後半は死に物狂いで食べていたので、味もわからない。
やっとのことで食べ終わる。
俺も嫁もグロッキー状態になっていた。
だが、食べきったという達成感に心は満たされていた。

090612_2008~01

店の外でハイタッチ。
「俺たちは勇者だ!」

こうして戦いは幕を閉じた。

それから数日。
再び俺は行きたくなってきている。
この中毒性、確かに二郎系だ。

ヱヴァ缶。

P6020140.jpg


焼きそばBAGOOOON!

そんなモノはない。と否定され続けてきた悲しきカップ焼きそば。
故郷に帰る機会があったので、その御姿をおさめてきました。
しかと見よ。
P5300056.jpg

正直、パッケージ変わってて驚いた。
が、その存在感は健在。
スープも付属するお得さも変わらない。

がんばれ!全国目指して!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。